●イラストや文字合わせて枠を付ける●

この画像のように、イラストや手書き文字に合わせて枠を付ける方法をこちらで紹介していきます。
ちょっと手間がかかりますが、そこまで難しいものではないので、初心者さんでもすぐに出来ると思います^^*

選択範囲機能を使いますので、まずは選択範囲についてSAI講座のほうで勉強しておいてくださいね.

◆イラストに合わせて枠を付けよう。 
◆1◆まずは、枠を付けたいイラストなどを用意します。
(クリックで拡大画像)
※このとき、枠を付けたいイラストや文字の背景は透明でなければいけません。(赤斜線部分)

イラストは特に結合しなくても大丈夫ですが、結合したほうが以下の作業がやりやすいです。
また上の赤い斜線は、背景が透明だということが分かりやすいように描いただけですので、実際は必要ありません。

◆2◆レイヤーサムネイル上でCtrl+左クリックし、イラストのみの選択領域をつくります。
(クリックで拡大画像)

自動選択や選択ペンを選んだ状態で、上記の作業をすると、画像のように青で選択領域が表示されます。
それ以外ですと下の画像のように黒の破線で表示されますので、選択領域表示の違いは把握しておいてくださいね。

◆3◆メニューバー【選択範囲】→【選択領域を1ピクセル膨張をお好みで数回選択し、選択領域を広げます。
(クリックで拡大画像)

◆4◆イラストレイヤーの下に新規レイヤーを作成し、選択領域を好きな色で塗りつぶします。
(クリックで拡大画像)

塗りつぶしができたら、選択領域は解除してください。塗りつぶし→メニューバー→【レイヤー】→レイヤーを塗り潰す
綺麗な枠線にならなかった部分の修正を入れ終わったら完成です(´∀`*)ノ

大体これが枠の作り方の基本です。
上の状態は枠を作ったというか、枠を描いたように見せる方法ですね^^実際に枠を描きたい場合は、このあとに

◆5◆枠レイヤーを非表示にし再度、【2】の作業を行い、イラストのみの選択領域を作る。

◆6◆枠レイヤーを表示&選択し、メニューバー【編集】→切り取りを実行。すると・・・
(クリックで拡大画像)
このように、枠ができます^^*(分かりやすいように、イラストレイヤーは非表示にしてます。)

◆文字に枠を付けよう。
文字の枠は、上記で説明したイラストの枠作り方法が文字に変わっただけです^^*
基本さえ分かっていれば・・・

このように、手書き文字に枠を付けることが出来ます。
文字を背景と同じ色にすることで、中抜きしなような表現ができるし、イラストで実際に枠を作った方法で、
実際に中抜きした縁文字も出来ます。要は応用ですね^^*

手書き文字だけで言えば、選択範囲を使用しなくても縁文字っぽくできる方法もあります。(枠の色が選べませんが)

    ●画材効果を水彩境界にして、好きな色を選び文字を書く。ただこれだけ^^^
     ※強さ→100:幅→ブラシサイズに合わせて調整
(クリックで拡大画像)
こんな感じで文字が描けます^^*

◆いろいろな表現の仕方
そのほかの機能と組み合わせることで、いろいろな表現ができます。
 ●枠を作成後、さらに枠を作成。最初の枠を背景と同じ色にする。

 ●自由変形で影を表現してみたり・・・

 ●枠を移動させ、微妙に立体感のある文字に。

 ●背景だけじゃなく、枠もカラフルにしてみたり。(目が痛くなる・・・)

このように、用途にあわせていろいろな表現をしてみるのも良いかもしれませんね♪





TOPへ戻る