●配布されている素材を背景に使ってみよう 2 ●
ここでは素材を背景などのワンポイントデザインや服の模様として使いたい場合の説明をします。
合成の仕方が分からない人は「素材を使ってみよう 1」を先に読んで下さい。
  

今度は上記の人物イラスト(背景は透明のデータです)に右にあるワンポイントデザインを合成して・・・









このような感じにしたいと思います。

ただ背景に貼り付けて色を変えただけですので
SAIの基本的な機能が分かっていれば簡単です。


自信が無い人は先にSAI講座のほうでいろいろな操作を確認してください。












◆フリー素材を背景(ワンポイント)として使う 
◆1◆素材を背景を付けたいファイルのほうに合成します。
(クリックで拡大画像)
画像ではレイヤーをドラッグ&ドロップで説明してますが、コピー&ペーストでの合成でもOKです。
すると・・・

(クリックで拡大画像)
このように人物に素材が被ってしかも白い部分が邪魔です^^;

こんな場合はまず線画抽出をするのと同じ要領で、
【レイヤー】【輝度を透明度に変換】を実行すれば・・・
(クリックで拡大画像)
このようにまずは邪魔だった白い部分が無くなりました。

ここで素材が微妙に透けているのは素材自体が完全な黒じゃなかったため下に描写したものが透けて見えています。
濃くしたい場合は素材レイヤーを複製して重ねて結合すればある程度は濃くなります。
(やりすぎるとアンチエイリアスが無くなって見栄えが悪くなる場合がありますので注意。)

◆2◆素材レイヤーを移動させたり、矩形選択ツールなどで大きさを変化させたり反転・回転させたりして加工します。
(クリックで拡大画像)

----------------------------------------------------------------------------------------
◆3◆素材の色を変えます。
(クリックで拡大画像)
方法としては・・・
●上記画像のように新規レイヤー(クリッピングにチェック)で好きな色で着色して色を変える方法
●素材レイヤーの不透明度保護にチェックを入れて、レイヤーの塗り潰しや好きなブラシなどで色を変える方法。
2種類あります。
どっちにしても色を変える・・・というので変わりませんのでやり易い方法で着色すれば良いと思います。

あとは更に素材を重ねたり、素材を増やしたり好きなように加工をすれば完成です。

◆フリー素材を服の模様や仕上げ加工として使う。

基本上記で説明した合成方法と変わりません。
素材を合成して白い部分を透明にするところまでは同じなので説明を省略します。
(カラー素材の場合はそのまま利用したりします。)


このイラストの着物の模様は殆どが素材です。



合成した後にこのように着物下地レイヤーの上に素材レイヤーを
移動→クリッピングにチェックを入れて、レイヤーの不透明度を下げた
だけで左のような感じになります。
※影などはその上から乗算レイヤーで着色しています。




素材レイヤーの合成モードは通常他にもいろいろ試してみると
いろいろな効果が得られて面白いです。
白黒画像であればオーバーレイレイヤー、カラーであれば乗算レイヤー
等で重ねてみるといい感じになったりします。



ほかにも全体的な仕上げとして素材を利用することもあります。
例は極端な加工なのであまり見栄えは良くないかもしれませんが・・・・

このようなイラスト画像があるとして、イラスト全体に・・・


こんな感じの素材を合成します。
さらに素材レイヤーの合成モードを【オーバーレイ】にすると・・・
(クリックで拡大画像)
このような感じになります。
あとは不透明度の数値を下げてあげたり、不要な部分を消してあげたりしてあげれば完成です。
イラストになにか物足りないなぁと感じたときなどに使うと良いかもしれませんね。

私もよくやらかすのですが、加工のしすぎは元のイラストの良さをダメにしてしまうこともありますので
その辺は全体を見ながら加工をするとよいかと思います^^*





TOPへ戻る