●直線や四角を描いてみよう。●
よくSAIで直線は描けますか?という質問を受けるのでこちらで簡単に紹介します。

殆どがペン入れレイヤーを使ったものになると思います。あとはショートカットキーを少々使います。
ショートカットキーはデフォルト設定での説明になっていますので、ご自分で弄っている方は特にご注意ください。

◆直線の描き方 【1】 
◆1◆ペン入れレイヤーを作成します。(通常レイヤー作成アイコンの右隣のアイコンです。)

◆2◆【折線ブラシを選択します。(ペン入れレイヤーを作成すると、ペン入れレイヤー専用のブラシが出てきます。)
(クリックで拡大画像)

◆3◆あとは、適当に線の太さ・色を選び、点と点を繋ぐ感覚で線を描いていってください。
(クリックで拡大画像)

線を終了させたい場合は、最後の点で【ダブルクリック】すればOKです。※エンターキーや他のツールを選択することでも決定できます。

ペン入れレイヤーが使い難い場合は、線を引いたあとにメニューバー→【レイヤー】→レイヤーをラスタライズを選択し
通常レイヤーに変更してしまいましょう。

●向きなどを変えたい場合は、矩形選択機能の自由変形などでお好みで変更出来ます。

完璧な直線を描きたい場合は、ペン入れレイヤーで下のやり方をすれば直線が引けます。(この場合【Shift】キーは使用しません。クリックのみ)

◆直線の描き方 【2】 ※マウス推奨
先ほどは、ペン入れレイヤーを使った直線の描き方でしたが、今度は【通常レイヤー】での直線の引き方を紹介します。

◆1◆通常レイヤー上で好きなペン先を選択し、線を引きたい箇所の端の方でスタンプを押す感じで「ポチッ」と描写します。(ワンクリック)
点を描写した後は、絶対にマウスを絶対に動かさないでください。(完璧な直線を描きたい場合のみ)


◆2◆ショートカットキーH(反転)を押します。


◆3◆そのままの状態で、Shiftキーを押しながらクリックします。


完璧な直線でなくても大丈夫な場合は、【2】の工程(反転)を飛ばして、自分の引きたいと思う場所で【3】の工程を。

●こちらの場合も、向きなどを変えたい場合は、矩形選択機能の自由変形などでお好みで変更出来ます。

◆四角の描き方 【正四角形】
正四角形にこだわらない普通の四角ならば簡単なので、ここでは完全な正四角形の書き方を紹介します。

◆1◆縦横のサイズが同じキャンバスを作成します。(お好みで)

◆2◆バケツ等で好きな色で塗りつぶします。


◆3◆上下左右のキャンバスサイズを適当に広げます。※メニューバー【キャンバス】→キャンバスのサイズ変更


◆4◆レイヤーサムネイル上で【Ctrl+左クリック後に、メニューーバー【選択】→選択領域の反転


青い部分が選択領域です。 ここの部分を選択出来るなら自動選択機能を使っても問題ないです^^*

◆5◆、メニューーバー【選択】→選択領域を1ピクセル膨張】。これが枠の太さになるのでお好みで数回やってください。

◆6◆もう一度、メニューーバー【選択】→選択領域の反転


◆7◆最後に、メニューーバー【編集】→切り取りで出来あがり。


このように、四角の図形ができました。

この方法で作った図形をイラストなどで使いたい場合は、ファイル間でのレイヤー移動で使ってください。
(詳しい説明はSAI講座のほうでやっていますのでここでは省きます)

◆応用すると・・・
   
(クリックで拡大画像)

(クリックで拡大画像)

(クリックで拡大画像)

SAIだけでもこのように描けます(´∀`*) 疲れますけどね。。。(そして使い道がわからないorz)




TOPへ戻る