●綺麗な円の描き方●
今現在、SAIには簡単に円を描く機能がありません。
ですが、今ある機能を使って工夫をすれば、ある程度綺麗な円(図形)が描ける様になります。(人手間かかりますが)

ここでは主に、ペン入れレイヤー選択ペンを使用します。
※一部、【直線・四角の描き方】と同じような方法でやりますので先にそちらも読んでおいてください。

◆円の描き方 【1】 ※【ペン入れレイヤー】を使用した方法 マウス推奨
■初心者&質問スレより■
SAIの曲線ペンツールを使った円の描き方(youtube動画)
http://jp.youtube.com/watch?v=KXvgSfxIM8c&feature=related
動画が見れる環境にある方は上のリンクよりみた方が分かりやすいと思います。私も参考にさせて頂きました^^*

一応見れない方のために簡単に画像入りで説明いれます。

◆1◆ペン入れレイヤーを作成します。(通常レイヤー作成アイコンの右隣のアイコンです。)
※このときキャンバス(ビュー)の位置をリセットしておく。(画面の中心へ)

◆2◆【曲線】ブラシを選択し、描き始めたい場所でクリックします。
点を描写した後は、絶対にマウスを絶対に動かさないでください。
(クリックで拡大画像)

◆3◆キーボードの【End(回転)】を1回押し、1クリックします。
※ショートカットの設定はデフォルトなんで、自分の設定に合わせて行ってください。
キーボードの種類によっては、【End】キーが単体で使えない場合があります。その場合は単体で使えるキーに設定を変更しましょう。


◆4◆開始点と終了点が重なるまで、【End(回転)】1回押し→クリックを繰り返します。
点が重なったら、ダブルクリックで終了。
※エンターキーや他のツールを選択することでも決定できます。


ペン入れレイヤーは通常レイヤーとは違い、ストローク別に描写後に線の太さを変えたり、色を変えたり簡単にできます。
これを利用して、円を描いた後に太さや色を変更してください。
ペン入れレイヤーのこのツールを使うことで変更できます。その他変形等もできますのでいろいろ試してみましょう。

◆円の描き方 【2】
先ほどは、ペン入れレイヤーを使った円の描き方でしたが、今度は【通常レイヤー】での方法を紹介します。

◆1◆【選択ペン)】を使い、好みの大きさにして【ポチッ】とスタンプを押す感覚で範囲指定します。(ワンクリック)
事前にペン先の最小サイズ】【濃度】共に100(%)に設定してください。


◆2◆範囲指定はそのままでメニューバー【レイヤー】→【レイヤーを塗り潰す】。ショートカットキー使うと早いよ。
枠無しの円を描く場合はこれが一番楽♪

以下の方法はあまりオススメはしません。(綺麗ではないので)

◆3◆メニューバー【選択】→【選択領域の反転】。更に【選択領域を1ピクセル膨張】を数回お好みで指定する。
膨張させた分が枠の太さになります。


◆4◆再度選択領域の反転】を実行し、メニューバー【編集】→【切り取り】。


画像をよくみると線の太さが均等じゃないのが分かると思います。^^;
あまり目立たない円を描くときはこっちのほうが描きやすいかもしれませんが、正確さを求めるならペン入れレイヤーで描きましょう。

◆三日月を描いてみよう。
選択ペン選択消しを使えば簡単に月(三日月)を描くことができます♪ ではパパっと説明しますね。

◆1◆【選択ペン)】を使い、好みの大きさにして【ポチッ】とスタンプを押す感覚で範囲指定します。
事前にペン先の最小サイズ】【濃度】共に100(%)に設定してください。

◆2◆一回り小さいサイズに設定した、【選択消し】を使い、また【ポチッ】とスタンプを押す感覚で中身の範囲指定を消します。

赤い部分が【選択消し】で消した範囲です。

◆3◆後は・・・範囲指定はそのままでメニューバー【レイヤー】→【レイヤーを塗り潰す】。(最後に選択範囲の解除を忘れずに)


ほんと選択範囲って便利ですね♪

◆応用すると・・・
   


こんな感じで、某ドーナツのキャラっぽいのがわりと簡単に描けちゃったりしますよw(^ω^)




TOPへ戻る