選択範囲を使ってのペース分け
色を塗りはじめる前に、各パーツの下塗り(ベース)レイヤーを作っていきます。
下塗りは、自分の手(フリーハンド)で塗ると結構時間がかかるので、ここでは【選択範囲】を使ってベース分けしていきます。
(また塗りムラ防止にもなります)

自動選択を使用しますので、出来るだけ線と線に隙間がないほうが良いです。
上手く指定できない場合は、隙間を選択ペンで埋めてから、自動選択ツールを使用すると良いと思います^^*

◆選択領域を指定する◆

まず、最初に線画レイヤーのしたに新規レイヤーを作ります。


【自動選択】ツールを使って、選択領域を指定します。


※領域検出元は【キャンバス】にチェックを入れておく。これ重要!!
(線画レイヤーがパーツごとに分かれているんでね^^*)


●細部の選択領域指定●

自動選択ツールの細かい数値を弄っても、左画像のように
細かい部分の領域指定は上手くいきません><






そういう部分はやっぱり人の手作業でやるのが一番だと思います。
選択ペンを使って、細かい部分も範囲指定します。

●自分で細部を指定するのがが苦手な人は・・・●





まず、左画像のように、
選択領域の取り残しを選択ペンではみ出してもいいので塗ります。


再度、自動選択ツールを使用状態にして・・・

【Alt】キーを押しながら、不要な選択領域部分をクリックします。(選択領域の削除)
(赤斜線部分が不要な領域)


すると、わりと綺麗に領域指定ができるんじゃないかと。

全部が全部綺麗にはならないので、
やはりある程度は自分の手作業で行ってくださいね。




一応、パーツごとの境界で塗り残しが出るのを防ぐために、
左画像のように余裕を持たせて範囲指定しています。
(服や髪の毛などで隠れる部分)


とくに気にならない人はこの作業は不要かと。



範囲指定ができたら、
メニューバー【レイヤー】→【レイヤーを塗り潰す】
選択領域を塗りつぶします。(肌部分だったので肌色で〜)



パーツが1つ完成したらレイヤーを非表示にして、次のパーツの範囲指定をします。
この辺領域検出モードに関係してるんで、たぶん非表示にしたほうがいいかな・・・。



レイヤーの塗り潰しなどよく使う機能はショートカットキーを使うと
幸せになれると思います(´∀`*)
簡単に流れをまとめると・・・・・

【1】「新規レイヤー作成。

【2】自動選択で範囲指定。(細かい部分は選択ペンで)

【3】選択領域を塗り潰し

【4】完成したベースレイヤーは非表示にする。

【5】1〜4の繰り返し。

こんな感じです^^


全部終わったら、左画像のように、下塗りが完成します。
レイヤー情報は・・・・・

このようになっています。
あまりレイヤーが増えすぎないように、
パーツごとに重ならない部分は一まとめにしてます。(たまにまとめないときも;)

この選択範囲を使う前は、大まかに塗ったあとに、不要部分を消しゴムで消す・・・・・という作業をしていましたが
それでは時間と手間がかかって、結構大変でした^^;(消し忘れが酷かったりorz)
この作業をするようになってから、わりと時間短縮になったんじゃないかと思います。選択範囲はほんと便利ですね♪

まだ使ったことがない方は是非使ってみてください^^* 詳しい機能説明はSAI講座にてやっていますので。




TOPへ戻る