◆服(シャツ)◆

●シャツ塗りのレイヤー情報はこちら→

※左画像は100%表示のときのもの。実際はもう少し拡大して作業したりしてます。


光源が右側というのを意識しながら、ざっくり影を付けます。

影の付け方は個性の一部でもあるような気がするので、
これといって決まりはないのかもしれません・・・。とりあえず光源を意識するのが基本なのかなぁ。


胸元は膨らむから明るい、明るい部分があればその下は陰る・・・
服の皺で膨らむところを決めて、影を描くと描きやすいかなぁと。。。
(逆に影になる部分を決めてから膨らみを作ってみるのも良いかも?)

自分もまだ試行錯誤中なので偉そうなことは言えません^^;
何度も描いていけば、そのうち自分なりにコツというか法則のようなのが
分かってくるような気がします。

更に濃い色で影を付けました。


これは私がやる独特の塗り方なのであまり一般受けしないような気がします^^;
やりすぎると気持ち悪く見えるのでw
(でもやり過ぎるんですよね・・・この辺の塗りが好きなのでv)

たまにここまで塗ったあとに、濃い影のほうをぼかすこともあります。



※拡大して作業をするときは、別にビューを作成して全体がすぐに確認できるようにしてます。
ずっと近いとこだけみて作業していると全体をみたときにバランスが悪くなったりするので^^*

ちなみに、キャプ用のビューも作成してるのでビューは3つ開いてました。


あまり上と変わってないように見えるんですが、気持ち程度に変化させてます。


影レイヤーの不透明度にチェックを入れて、
ハッキリ別れすぎた影の境界を気持ちふんわりなるように色を置きました。



分かり難いと思うんですが、
胸元の下の影や脇下あたりがちょこっと上の画像とは違います。

シャツレイヤーの一番上に乗算レイヤーを作成し、
黄色でふんわり色を置きました。


これは私の好みの問題で、ただ白色のシャツよりもこの色合いが好きだから行う作業です。
わりと白い服を塗るときにやります。場合によって色は変えてます^^*







●シャツ塗りまで完成時の全体画像→

もっと描きこみたい衝動を抑えて次にいきます〜

◆服(ズボン)◆

●ズボン塗りレイヤー情報はこちら→
※左画像は50%表示のときのものです。実際はもう少し拡大して作業したりしてます。


シャツを塗ったときと同じでまず影を描きます。
一般的ではない影の描き方のようなきもしますが、今はこういう描き方が好きなので
自分が好きなように描き込んでます^^

とりあえず意識するのは、光源と皺がよってるところと膨らんでいるところの違い
出来るだけちゃんと表現するように気をつけてます。


先ほど描いたレイヤーの下に新規レイヤーを作成し
全体的な明るさの調整をしました。

いつもは最初にするんですが、気分で順番がごちゃごちゃになってるだけです^^;


腰と、ヒザあたりをちょっとだけ黄色っぽい色で明るくしてます。


最初に描いた影レイヤーの不透明度保護にチェックを入れて
影をベースの明るさとなじむようにふんわりと色を載せてます。
(この辺は最初で紹介したブラシサイズを最大・ブラシ濃度を下げたエアブラシで塗ってます。)


良く見ると、腰やヒザ部分の影が上と比べて明るくなってるのが分かると思います。




この作業は結構私の中では重要な過程です。
するとしないでは結構印象が違うと思うので、この塗り方で余裕があるときや
気分がのったときは結構やります^^*


影レイヤーの上に更にレイヤーを作成し
更に濃い色の影を塗りました。



私の癖なのですが、わりと最初の影とベース色との境界に影をおとしてます。
あとは更に細かく皺を表現したり・・・


自分でも違いが分かりずらい画像なのですが、
先ほど描いた濃い影のレイヤーの不透明度保護にチェックをいれて
1段階目の影と馴染ませています。


一部薄くなったり、細くなったりしている部分があると思います。



その後に再度1段階目の影に移って、濃い影と馴染むように薄っすらと
濃い色を置いたりしている・・・・はずです^^;


微妙なところなので分かりにくいですね><

一番上に明暗レイヤーを作成して、黄色っぽい色で部分を強調してみたり。


影を一部修正したりしました。
(肩紐やアームバンドあたりも一緒に塗ってます)





この時点でこのズボンに付属している御札を描き忘れていて
あとから書き足す羽目になりました^^;
後から描こうと思って最後まで忘れてることが多いですorz



●ズボン塗りまで完成時の全体画像→

★次へ(髪の毛の塗り)→→→


■TOPへ