●線画抽出(ちゅうしゅつ)方法●
例えば、アナログでペン入れしたものをスキャンして色塗りをCGソフトでしたい場合、
線画抽出】作業をしないと、上手く色を塗ることができません。(レイヤーを作っても線が塗り潰されてしまいます。)

SAIでも簡単に 【線画抽出】が出来ますので、説明していきます^^

SAIではスキャナを読み込むことが出来ませんので、アナログ線画をスキャンしたい場合は他のソフトで画像化してください。

線画画像を用意する。
まずは、下の画像のように線画画像を用意します。 ※クリックで原寸 練習用に保存OKです。無断転載禁止


画像ファイルの保存形式は、「PNG」「BMP」「JPG」などSAIで開くことができる画像ならば大丈夫です。
(「JPG」保存は画像が劣化する(または劣化している)可能性がありますので、オススメしません。)

また線以外の部分は出来るだけ真っ白でないと綺麗に線画抽出できませんので注意してください。

SAI【線画抽出】してみよう。
●SAIを起動し、線画画像を開いてください。
(クリックで拡大画像)
※線画レイヤーが今どのような状態か、判断しやすいように線画レイヤーの下に緑で塗り潰したレイヤーを作りました。

作業画面をみたら分るように、下に塗り潰しレイヤーを持ってきても線の背景は白いままですよね?
なのでこのままでは着色することが出来ません。

そこで、次にやる作業がとても重要になります。線画レイヤーを選択(アクティブに)したままで・・・

●メニューバー【レイヤー】輝度を透明度に変換をクリックします。(たったこれだけです^^)

この作業ができたら、背景が真っ白だった線画レイヤーが、
(クリックで拡大画像)
このように白背景部分だった部分がすべて透明化し、線のみを取り出すことができました。
これが出来たら、あとは線画レイヤーの下にレイヤーを作成し、塗ることが可能になります。

線画抽出ができたら、一旦「.sai」形式で保存しましょう。

初心者さんにありがちな間違いは、線画レイヤーの上で塗ろうとして折角の線画を消してしまう状態に陥ることでしょうか。
なので、基本は線画レイヤーの下にレイヤーを作って塗るようにしてください。    →【レイヤーの移動】

もう1つの線画抽出方法
上記の方法のほかにもう1つ線画を抽出・・・というか抽出したように見せる方法があります。
まぁ・・・これはおまけみたいなものなので、上記方法のほうで線画抽出される方をオススメします。

●線画レイヤーのレイヤー合成モードを【乗算】にするだけです。

この方法でも、線画レイヤーの下にレイヤーを作り塗ることができますが、
後から線画の色を変更することができません。(不透明度の保護もクリッピングも使えませんので)

結構欠点が多いので、線画抽出が出来ないソフトでの活用法だと思ってください^^;





TOPへ戻る