●SAIで描いたイラストを画像として保存しよう●

【.sai】や【.psd】で保存したファイルは、HP上などで画像として表示することができません。
ここではSAIで画像として保存する方法などを説明していきます。


SAIで画像として保存できる保存形式
   
   上記の画像がSAIで保存できる保存形式です。その中で画像として保存するのに適しているのが、赤く囲っている部分の
   BMP(*.bmp)JPEG(*.jpg*.jpeg)PNG(*.png)です。

   その中でもHP等へアップロードするのに適しているのは、JPEG(*.jpg*.jpeg)PNG(*.png)です。
   とくにSAIで【JPG】保存場合、多少容量や画質の調整ができますのでオススメです。


【PNG】保存
   PNG保存はとくに容量や画質の調整などできませんので、途中保存と同じ手順で・・・
   メニューバー【ファイル】→【ファイルを別名で保存】→種類を【PNG】に変更→更に名前を変更し【保存】。
   で綺麗なままで保存できます。

   しかしイラストや写真(色味が多いもの)またサイズが大きいものなどは容量が大きくなり、
   HP等でアップロードするには不向きです。(大体100KB以下が良いとされています。)
   そこで一番適しているのがJPEG(JPG)保存ですね。(画質は多少落ちますが容量が軽くなります)

【JPEG(JPG)】保存
  途中保存と同じ手順で今度はJPEG(JPG)を選択し【保存】を押すと、
  
  このような設定画面が出てきますよね。この画面でファイルサイズ(容量)の変更ができます。
  右ある項目を上から順に軽く説明してきます。

この【元画像】【JPEG画像】を切り替えることで、画質の違いを確認することができます。

←にある%は拡大や縮小したときの見え方を確認できます。
画質を落として拡大して画像をみてみると、どれぐらい粗くなったか確認できます。

ここで切り替えても実際には縮小や拡大がされているわけではありませんので注意。
拡大縮小がしたい場合は、保存する前にやりましょう。→【解像度変更】

基本はこの圧縮品質の値を変更することで、更に画質を調整しながら容量を落とすことができます。
大体100〜80ぐらいの間が画質的に問題なく見れると思います。


微調整がしたい場合は【詳細設定】の輝度成分品質色成分品質の値を調整してみてください。




色成分間引きについてはそこまで気にしなくてもいいと思います^^;
(色成分品質の値を弄るときに影響するようです。)

一番気になるのが【ファイルサイズ】だと思います。
このファイルサイズの値を気にしながら、上記の画質調整を行いましょう。
圧縮品質の値が高いほどファイルサイズが増え、値が低いととファイルサイズが少なくなります。

圧縮品質値を変更したときの画質・ファイルサイズの違い
 
 



画質の違いは一目瞭然ですよね^^;
(80以下になると目に見えて画質が悪くなります)



しかし容量はかなり下がることが分かりますか?







TOPへ戻る