●筆圧設定と鉛筆・エアブラシの設定●
筆圧感知について
タブレットを使用していれば筆圧感知機能がついていますので、線を描くときの力加減で線の強弱を付けることが可能になります。
ここでは簡単に、設定のやり方・描き方の基本を説明していこうと思います。

タブレットを繋げる際には必ず「タブレットドライバ」をインストールしてください。
ワコム製のものであれば、公式サイトでタブレットの種類とPC環境にあったドライバがインストール出来ます。
(元々パッケージに入っているものは環境に合わない場合もありますので、確認するようにしましょう。)

鉛筆ツールの設定

左の画像が【鉛筆】ツールのデフォルト設定です。
この設定がすべてのツールの共通した設定内容になっています。(あとは項目が増えたりするだけなので。)








左画像のような設定でも筆圧感知がしないのであればタブレットの不具合を疑ったほうがいいです。

筆圧感知についての不具合は、まだ管理人が遭遇したことがないのでちゃんとした解決方法が分かりません。
公式サイトの良くある質問ページにて解決方法が載っているのでそれを参考にしてみてください。

●【描画モード】●
左画像のように、端のほうにある矢印をクリックすると、【描画モード】の設定が出来ます。

  
※両方とも同じ色で描写したものです。

初心者さんは特に変更をせず【通常モード】で描写するようにしましょう.。
(【乗算モード】で描写した場合に変更していたのをうっかり忘れてしまい混乱する場合があるので^^;)

管理人はあまり使用してませんが、1枚のレイヤーで重ね塗りする場合などに有効だと思います。

●【ブラシ輪郭】●
描写したときの線の輪郭のぼけ具合を選択できる場所です。(現在4パターンのみ)

※右にいくほど輪郭がハッキリしたブラシに設定できます。
●【ブラシサイズ】●
ここでブラシの大きさを変更できます。
(※左にあるボタンで単位をを変更することで最小0.5pixelから最大500pixelまで変更可能です。)

●【最小サイズ】●
最小筆圧で描写したときのブラシの大きさを設定できます。
(0%に近いほど細くなり、筆圧での線の強弱が付けやすくなります。)

この設定は、詳細設定項目の一番下位にある【サイズ】にチェックが入っていないと調整できません。
●【ブラシ濃度】●
描写濃度(濃さ)を調整することができます。

ブラシ設定の基本はこの4つの項目だと思います。 
ちょっとした設定で全く線の印象が違ってきますのでその辺はお好みで調整・試し描きなどして、自分が使いやすいペン先設定を見つけてくださいね。

●【ブラシ形状とブラシテクスチャ】●
通常の円形のブラシとは違う効果を持たせた描写がこれを設定することで可能になります。

この辺は実際に使って調整し描いてみたほうが分かりやすいのでご自分で試してください。
配布されているテクスチャを追加することでいろいろな効果を出すことができます。
●【詳細設定】●
左にあるチェックボックスにチェックを入れることで、さらに細かい設定が出来るようになります。

初心者さんはそこまで気にしなくてもいい設定でしょうか、下手に弄るとかえって混乱する場合もあるので。
デフォルト設定に戻したい場合は新規にツールを作成すればデフォルト設定のツールが作成できます。

●【描画品質】●
左画像のように、4段階設定になっています。
数値が高いほど滑らかになり描画速度が遅くなるらしいですが・・・・いまいち違いがはっきり分かりません^^;
●【輪郭の硬さ】●
ブラシ輪郭の硬さを調整できます。ヘルプによると細い描線の硬さの印象を調整するものらしいです。
  
上の画像は輪郭の硬さの数値と更に手ブレ補正値を弄って描いたときの線の違いです。

ぱっと見た感じは、「筆圧の違いなんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません^^
ほぼ同じ筆圧で描いたものなので、この微妙な線の違いはこの数値ならではのものと言えます。
以下の2つの設定は、詳細設定の一番下位にある【濃度】にチェックが入っていないと調整できません。
●【最小濃度】●
筆圧が一番低いときの描写濃度を調整できます。
簡単に言えばこの数値が高いほど、弱い筆圧でも濃い線画描けるということです。逆に低いと薄い線になります。

●【最大濃度筆圧】●
ブラシの描写濃度が最大になるときの筆圧を調整できます。

これが最大濃度筆圧の数値だけを変更したときの描線の違いです。

0%だと弱い筆圧でも濃い線を描けるのに対して、100%では強めの筆圧じゃないと濃くなりません。
自分の筆圧の強さに合わせて設定してみてください。
●【筆圧 硬⇔軟】●

上の画像がこの設定のみを変更したときの描線の違いです。

簡単に説明すれば、0に近いほど強く力を入れないと太い描線になりません。
逆に200に近いほど弱い力でも画像のように太い描線になります。(ブラシサイズ以上の太さにはなりません)
●【濃度】●
チェックを入れることにより、筆圧の加減で描画濃度が変化するようになります。
ハッキリした線を描きたいときは、この項目のチェックを外しておくと良いかと思います。

●【サイズ】●
チェックを入れることにより、筆圧の加減でブラシサイズが変化するようになります。
※この項目にチェックが入っていないと、筆圧感知した描写が出来ませんので注意しましょう。

●【混色】●
チェックを入れることにより、筆圧の加減で混色の色合いが変化するようになります。
※この項目は特定のブラシでしか設定が出来ません。(筆や水彩筆など・・・)

エアブラシツールの設定
ちなみにこれが、エアブラシのデフォルト設定。


鉛筆ツールとの大きな違いは、画像で赤く囲っている場所【濃度】にチェックが入っていないということです。

この濃度にチェックが入っている・入っていないだけでも全く違う描線になるので
ほかの数値を変化させることで更にいろいろなペン先を作ることが可能なことが分かってくると思います^^*


数値を変更したりテクスチャなどを使い、自分独自のツール作成にぜひ挑戦してみてください!!





TOPへ戻る